愛知の看護師パート日記

シングルマザーで看護師をしていて一番辛い事は何ですか?体力的にも精神的にも大変だけど、強くなりますよね!

シングルマザーで看護師の仕事って大変だろうな...って思いましたが、やはり収入面など考えると、看護師の仕事をした方が安定した生活を送れますよね(´・Д・)」

両親と同居や、近くに住んでいて協力を得られると助かりますが、うちは近くにいないので、大変だなぁって思うことが色々とあります( ;´Д`)

看護師の仕事って、残業が多いですよね。
急変も多いし、定時で終われるか、定時を迎えてみないとわかりません(-。-;

小学校の低学年のうちは学童保育に通っていましたが、お迎え時間が18時...。
定時に終わらないと、確実に間に合いませんヽ(´o`;

一年間は学童保育に通いましたが、やはり迎えが大変で、やめてしまいましたね(;´Д`A

帰宅後、一人の時間が長くなるのもかわいそうだし、仕事中も心配です。

幸い、近くに仲良しのお友達が住んでいたため、毎日のように遊んでもらいホッとするところもありました(*^^*)

また、うちの職場は、正社員として雇用されるには、夜勤をすることが条件になるんです(´・Д・)」

悩みましたが、やはりシングルマザーで生活をしていくためには、身分の保証も必要ですし、毎月安定した収入も必要になります。

他の求人も探しましたが、クリニックなど給与が安すぎて、とても生活できる金額ではありませんでした(;´Д`A

しかし、夜間はさすがに一人で留守番は心配です>_<
二交代夜勤だし、家にいない時間が長いですしね。
しかし、友人の協力を得て、夜勤の日は泊まってもらうなどして、夜勤をしていました。

また、一番困るのが子供の病気ですね(´・Д・)」
インフルエンザなどかかると一週間はお休みしなくてはなりません。
毎年ハラハラしながら冬場を過ごしています(;´Д`A

やはり、親が一人しかいない環境は、子供に目が行き届かない面があるのではないだろうか、さみしい思いをさせているのではないだろうか...と心配になることが沢山あります...>_<...

自分自身、あまり体が丈夫ではないので、万が一大きな病にかかってしまったら...という不安もあります。

離婚しなくて済めば子供にも苦労をかけることはなかったのに...と辛くなることもあります(T ^ T)

しかし、シングルマザー生活も長くなると、親子共に強くなりますね^_^

今は、この環境を楽しんでいますし、子供もたくましく育っています(*^o^*)

両親がそろっている家庭が幸せ、とも一概には言えませんし、シングルマザーだから不幸だなんて思わず、そんな生活の中にも幸せを見つけていけるようにしたいと思っていますよ(^ー゜)

2014年1月 9日|

勉強会の企画と進行を任されています。一緒の役の同僚が全然仕事をしてくれません。企画も資料作りも全部私が1人でやっています。こんな同僚はどうしたら良い?

職場の勉強会って、ただ参加するのも面倒だなぁ...なんて思ってしまいますね。

なかなか定時で帰れない看護師の仕事ですから、さらに勉強会や委員会なんかあると、ますます帰りも遅くなりますしね(´・Д・)」

それが企画、進行となるとますます気が重いですね( ;´Д`)

しかし、勉強会は新しい知識を身につけることも出来ますし、とても大切なものだなぁって思いますよ(^_−)

勉強会の準備も結構大変ですよね( ;´Д`)
仕事が終わってから、サービス残業で資料を集めたり、作ったり...。

仕事だけでも疲れるのに、こんなことでサービス残業は嫌だなぁ...って思ったりもします。

一人でやるのは大変だからこそ、そういった勉強会の準備は、二人など複数で分担していますよね。

しかし、同僚の方が協力してくれないのは困りましたね(・Д・)ノ

全部一人でやって大変だと思いますが、勉強会に関することは仕事の一環ですよね。

だとすればその同僚の方にも、分担して手伝って貰うべきだったのではないでしょうか...。

勉強会に参加するのは、職員として義務ですよね_φ(・_・

その勉強会の担当になったのであれば、もっと責任をもって準備に当たらなければなりませんよね。

その方が積極的に参加しなくとも、分担し相手の分を割り当てるなどして、一緒に取り組んでもらった方がいいと思いますよ(´・Д・)」

もし、それでも何もしないのであれば、職場の上司に相談した方が良いと思います。

自分から同僚に注意するというのは気が引けますしねf^_^;

主任や師長からきちんと注意してもらい、その方にもしっかり参加してもらうべきですね。

自分だけでなんとかしようとするより、組織として対応してもらった方が間違いはありませんからね(^_−)−☆

2013年12月 9日|

外来パートって残業多い!!せっかくパートを選んだのに意味ないじゃん((+_+))

私は、3歳の子供がいます^ - ^
4年ほど看護師の仕事から離れて専業主婦をしていました。

しかし、あまりブランクを長くしたくないので、看護師パートをすることにしたんです^_−☆


病棟ナースなどは、時間も不規則ですし、残業も多く子育てとの両立は
難しいですよね( ;´Д`)

うちは、旦那も帰りが不規則だし、近くに頼れる親もいません。
なので、私が保育園の送り迎えをしなくてはならないし、残業が多い職場は困るんですよね(・_・;

そこで私は、総合病院の外来パートで働くことにしたんです(*^_^*)

クリニックはたいてい土曜日は診療になっちゃいますよね(−_−;)

その点、総合病院の外来は土曜日も休診日だから、週末も休みが取りやすいって聞いたんです>_<

ハローワークの求人には、土日休みで、残業なしと記載があったので、それなら子育てとの両立も可能かなぁって思ったのですが...。


病院の外来ってものすごい混雑しますよね。
午前中の受付は、11時までとなっていますが、診察はかなり時間をおします(ー ー;

診察は、昼を過ぎて午後までかかることもしょっちゅう...。
いや、むしろほとんど午後まで診察が続きます( ;´Д`)

定時で帰るのは気がひけるし、仕方なく残業してます>_<

外来パートは、残業なしって聞いていたのに、ほとんど毎日残業ですね。

せっかくパートの仕事を選んだのに、これじゃあ意味ないじゃん‼︎(−_−;)って思いますよね>_<

後から、ハローワークの求人に書いている「残業なし」というのは、ほとんどあてにならないって聞きました( ;´Д`)

もっと早く教えて欲しかったですよ(´・Д・)」

やはり、職場選びはもっと慎重に調べてから決めなくちゃいけませんね^_−☆

2013年11月 7日|

給料アップを考える時、転職を選びますか?夜勤の回数を増やすOr夜勤パートや夜勤専従を選択しますか?

看護師の仕事は、高収入と言われていますが、なんらかの理由でさらに収入を増やしたい事もありますよね。


私も収入を増やしたいなぁと思い、夜勤回数を増やしてもらいました。
二交代夜勤ですから、夜勤が増えてもそれほど苦痛はありません。

子供も夜間一人で寝ることが出来る年頃になりましたし、夜勤明けなど平日に用を足す事も出来るので、夜勤が多い方が助かります。

私の職場は、働きやすい職場でシフト希望も通りやすいですし、年休も消化率はほぼ100パーセントです。
残業もほとんどありませんし、ママさんナースにとって働きやすい職場です。

私にとって今の職場は働きやすい環境であるため、あえて転職は考えていません。

給料アップを狙って転職しても、残業が多いとか、連休がとれない、人間関係が悪いなどといった職場では長続きしませんよね。

もし、給料アップを狙って転職するのであればその辺の覚悟は必要です。
しっかりと事前に職場の雰囲気や人間関係、残業の程度など、自分にとって働きやすい職場か調べる事も大切ですね。


また、私の職場は副業が禁止されています。
公務員ではありませんが、社則で決まっています。

もし副業が可能な職場であれば、派遣で夜勤専従や、夜勤パートもいいですね。

夜勤専従のお仕事であれば夜勤パートに比べ、一回の夜勤でかなりの高収入が得られます。

夜勤専従のお仕事は看護師求人情報サービスを利用すると見つける事が出来ます。

仕事を掛け持つ場合でしたら、派遣先もしっかり調べ、自分に合った条件など、看護師求人情報サービスで条件交渉などおこなってもらい現在働いている職場と勤務が重ならないようにしてもらうなどの配慮はしてもらった方がいいですね。

2013年10月13日|

ブランク看護師のフォロー体制とは?

ブランクがあって復帰を考えるときに、職場がブランク看護師に対する理解や支援体制が整っているかどうか、ということを確認するのは重要ですね。

たとえ同じ職場の部署に戻ったとしても、1年でもブランクが空いていると色々なことが変化していたり、技術や知識が衰えていたり、はじめは仕事についていくのに大変なものです。

求人ではブランク歓迎としている病院でも、実際はすぐに経験者=即戦力として扱われて出来て当然という感じで、仕事について行かれない、職場の雰囲気に馴染めないなんてこともありますから、慎重になったほうがいいですよ。

わたしもブランクありの再就職で、不安を抱えていましたので、看護師派遣サイトのコンサルタントにその点をよく相談して、ブランク看護師のフォロー体制の整った病院を紹介してもらいました。

まず仕事に入る前に研修期間があり、看護の基本の勉強の時間をもらえました。

職場に入っても数週間は新人と同じようにプリセプター付きの研修期間を設けて頂けたので、実務や職場の雰囲気にスムーズに馴染むことが出来ました。

病院によってはブランク・中途採用看護師対象の復職支援セミナーを定期的に開催しているところもありますから、活用してみるのもいいと思いますよ。

2013年9月30日|

ブランク看護師ってこんな事が辛い・・・

看護師の仕事を結婚や出産でいったんやめて、休職期間が空いてしまうと看護師の仕事

にまた復帰するときには色々と不安を感じる方が多いですよね。

看護師の資格は持っていても、医療現場は日進月歩で技術も進歩していますから、すぐについていくのは大変です。

働いていた時の技術や知識も暫く間があいていると勘を取り戻すのに時間がかかったり、忘れていたりということもあります。

それに家庭を持っていたり、子育て中だったり、あるいは介護が必要な親などがいたり、生活環境が変わると、ハードな看護師の仕事との両立は難しいですね。

私自身6年近いブランクを超えて復帰しました。

前は夜勤もある病棟の仕事でしたが子どもが二人おり、夜勤はまず無理、フル勤務も難しいので、ブランクOKの求人の中から探して外来のパートとして働き始めました。

事前に復職支援セミナーもあり、ブランク看護師への支援体制は比較的整っている病院ですが、それでもはじめは浦島太郎状態で、仕事の流れについて行かれず正直きつかったです。

受け入れ側はブランクがあっても経験者として扱いますから、ブランク看護師の受け入れに積極的な職場でないともっとつらい思いをしたかもしれません。

もしブランクありで復職を考えているなら、どの程度の勤務条件なら無理がないかや、働く病院がブランクありでも働きやすいかどうか、この辺をよく調べておかないとせっかく就職してもすぐに挫折、ということになりかねませんよ。

2013年9月30日|

夜勤専従パートって給料は良いの?

看護師パートは、自分の生活スタイルに合わせて仕事をする事ができるので、家庭や子育てをしている看護師には、とても人気のある働き方です。
パートの中でも、夜勤専従パートは、夜勤手当がつく為、高給を稼ぐ事ができます。
一般病院の場合、1勤務で3、4万円も入ってくるんですから、働きがいはありますよね。

このように、夜勤をするメリットはやはり給料が良いところです。
夜勤専従というのは、常勤と違い、日勤の勤務はありません。
生活のリズムが崩れそうなイメージがある夜勤ですが、昼と夜の交代制で仕事をするわけではありませんから、逆に生活リズムは整います。
夜勤専従をする事によって、生活にメリハリも出てくるようです。

さらに、夜勤の良いところは、1回の勤務で2日働いた計算になるところです。
その為、少ない出勤回数で多く仕事に出たことになり、短時間で効率良く稼ぐ事ができるんです。
プライベートの時間も確保できる事から、夜勤専従をしているシングルマザーも沢山います。

24時間院内保育園がある病院など、子育て環境が整って、子育てに理解がある病院は、最近増えてきていますから、たとえ子供がいても、安心して夜勤をする事ができます。
そのような職場は、子育てをしている看護師が沢山働いているので、話も合って働きやすい環境でもあるんですよ。
短い時間働いて、充分に生活していけるだけの給料を稼ぐ事ができるんですから、シングルマザーが多く働いている理由もよくわかります。

満足のいく給料を貰う事ができれば、仕事に張り合いもでますよね。
その点、夜勤専従パートは、生活パターンに合わせながら働く事ができて、尚かつ高給を稼ぐ事ができるのですから、とても魅力的な働き方です。

2013年9月30日|

夜勤専従パートって大変かな?


夜勤専従の仕事は、生活パターンが逆になってしまう為、体力的にキツい、難しい、
といったイメージを持っている方が多いと思います。
しかし、この夜勤専従という勤務体系が増えてきましたし、夜勤専従を希望する看護師も実は沢山いるんです。
その理由は、やはり夜勤手当がつき、高給を稼ぐ事ができるという事ですね。
1回の勤務で3〜4万円稼ぐ事ができるのですから、生活パターンが逆になったとしても、
とても魅力的な働き方です。

夜勤専従パートをしている看護師には、ママさんナースも沢山いるんですよ。
小さな子供がいる為に、フルタイムで働く事が難しく、少ない日数働いて効率良く稼ぎたい、
という方にとってはピッタリの働き方です。

ママさんナースにとって夜勤専従は、メリットが沢山あるんですよ。
24時間院内保育園が設置されている病院であれば、子供の預け先に悩む事はありません。
子供の預け先さえ確保できていれば、子供の寝ている時間帯に働き、子供が起きている日中は、
子供と一緒に過ごす事ができます。

夜勤専従に慣れるまでは、少し身体がキツいかもしれませんが、同じ時間帯にだけ勤務する夜勤に慣れてしまえば、
生活のリズムは整ってくるものです。
勤務中に休憩や仮眠をしっかり取る事ができる職場であれば、夜勤明けでも、その日一日普通に過ごす事ができますから、
プライベートの時間を充実させる事もできます。

皆が寝ている時間帯に働く夜勤は、決して楽ではありませんが、仕事に充分見合った給料を稼ぐ事ができるので、
働きがいは多いにあります。
ただ、職場によって業務内容が異なりますから、無理しないで働く事ができるように、
休憩や仮眠がしっかり取れる職場を選ぶ事が大切です。

2013年9月30日|

夜勤専従パートって給料は良いの?

夜勤の仕事というのは、看護師に敬遠されがちです。
その為、多くの病院では、夜勤のできる看護師が不足してしまい、夜勤専従の求人がとても多く見られますね。

私は、以前は一般の病院で常勤で働いていたんですが、結婚と出産を機に退職しました。
そして、現在は、看護師夜勤専従で働いています。
夜勤専従を選んだ理由は、ずばり、給料が高いところです。

夜勤手当というのは、一般病棟の場合、3万円から4万円というのが相場になっています。
そして、2交代の場合、1回の勤務で2日働いた計算になりますから、たとえ出勤日数が少なくても、
仕事に多く出た事になるんです。
要するに、少ない日数で効率良く稼ぐ事ができるのが、夜勤専従なんです。

当初、昼と夜の生活リズムが逆になる夜勤の仕事をする事に、不安がありました。
体力的に持つのだろうか?業務内容がハードなのか?と、いろいろ考えました。

しかし、私の働いている病院は、スタッフの数も充実しているので、休憩や仮眠をとる事ができて、
残業もほとんどありません。
その為、夜勤明けで自宅に帰って、その日一日普通に過ごす事ができます。

平日に休みを取る事ができるので、子供の学校の行事にも、気兼ねなく参加する事ができるんですよ。
子供と一緒に過ごす時間も増えて、それでいて、高い給料を稼ぐ事ができるんですから、夜勤専従は、
私のおススメの働き方です。

看護師の皆さん全員が、仕事内容に見合った給料を得たい、と思っていますよね。
夜勤専従は、業務内容に充分見合った給料を稼ぐ事ができるんですよ。

慣れてしまえば、身体がキツい事もありませんし、効率良くお金を稼ぎたい、と思っている方にとっては、
夜勤専従は最適な働き方だと思います。

2013年9月30日|